柴犬生後1年間の育て方

生後1年間の柴犬の育て方について

柴犬が初めて家に来たときの様子

f:id:kawabatamasami:20190418080753j:plain

11/30冬が到来する時期に、生後2ヶ月の柴犬が家族になりました。

やっぱりはじめてなので、ちょっぴり不安そうです。

▽目次

 

f:id:kawabatamasami:20190418080903j:plain

冬場から飼い始めることになるので子犬にとって外は寒くて厳しいかなーと思っていたのですが、獣医さんいわく問題ないとのことでした。

まぁ、我が家は子供達も新しい家族となった柴犬と一緒にいたいということだったので、春先までは室内で飼うことに。

名前は子供達に考えてもらい、全員一致で

「ポチ」!!(笑)

おいおい、、と思いつつもポチで決まりました。

 

柴犬が初めて家に来たときに気をつけること

獣医さんからは

「適当でも勝手に育つから、とくに気をつけることはないし分からないことはすぐに聞いてね」

ということでしたし、当時を振り返ってみても、ぶっちゃげ特に気をつけるべきことはありません。

しいて言うならば

・下に物を置かないこと

・子供達のお菓子をちゃんと片付けすること

です。

子犬はなんでも口に入れてしまうので

・子供のおもちゃ

・お菓子

・ビニールなどのゴミ

などは、綺麗に掃除をするように気をつけました。

ビニール袋を柴犬が食べてしまうと、消化できずに手術しなければならない事態になることがあります。

チョコレートなどのお菓子も食べさせてはいけません。

気をつけることよりも、柴犬を飼い始めるにあたって準備しておくものは割とあります。

www.how-to-camp.com

↑この記事でくわしく説明していますので、良かったら参考にされてみてください。

 

子供達の様子

f:id:kawabatamasami:20190418082424j:plain

我が家の子供達は3人。

長男はずっと柴犬が飼いたいと言っていたので、とっても嬉しそうでした。

みんな口をそろえて

「かわいいぃ〜」

と、新しい家族の仲間入りを喜んでいるようで嬉しかったですね

これから柴犬ポチと生活していく中で、いままで以上に思いやりや優しさを持ってくれたらなーと

 

まとめ

柴犬の子犬を初めて家に迎えいれるときには、飼い主さんも分からないことだらけで不安だったりしますね。

でも犬は思っているよりも丈夫です。

やっぱり来たばかりは怯えてますので、まずは優しく接してあげて、はやく柴犬に安心してもらうことが一番大切なことなんじゃないかなーと感じています。