柴犬生後1年間の育て方

生後1年間の柴犬の育て方について

柴犬が生後1年間で受けるワクチンと予防摂取スケジュール、金額の詳細

f:id:kawabatamasami:20190423081726j:plain

柴犬が産まれてから1年間で受けるワクチンと予防接種スケジュールは、次のとおりになります。

・生後2〜3ヶ月後のワクチン

・1回目のワクチンから約1ヶ月後のワクチン

・生後約4ヶ月〜狂犬病予防接種

・フィラリア予防

・生後6ヶ月〜去勢手術

はじめて柴犬を飼うとなると、どんなワクチンがあるのか、どのワクチンをどのタイミングで摂取するのか?分かりませんよね。

そこでこの記事では、それぞれのワクチンについて、我が家の愛犬(柴)ポチの体験をもとに解説していきます。

▽目次

 

柴犬のワクチンと予防接種の種類

1回目のワクチン

f:id:kawabatamasami:20190422220444j:plain

我が家の柴犬ポチは、生後3ヶ月に産まれてはじめてのワクチンを受けました。

ワクチンにはいくつか種類があるんですが、ポチが受けたのは9つの予防ができる複合ワクチンのキャニバック9というもの。

どんな病気の予防をするのか、飼い主さんの飼いかたにもよりますので、ワクチンは獣医さんと話し合って決めるようにしてください。

我が家はキャンプなどアウトドアに出かけることが多く、今後ポチも連れていくつもりなので複合ワクチンで9つを予防できるものを選んだわけですね

f:id:kawabatamasami:20190422221116j:plain

この日はワクチンの他にスペクトラという薬も与えました。

スペクトラはノミ・ダニの駆除と、お腹の虫やフィラリアを予防する薬です。食べるタイプの錠剤ですね。

1回目のワクチンの費用

料金はおおよそ5千円ほどでした。病院によっては前後することがあります。

 

2回目のワクチン

なぜ2回ワクチンを打たないといけないのかというと、2回のワクチンでちゃんと抗体を定着させるためだと獣医さんは言ってました。

子供のインフルエンザのワクチンは期間をあけて2回打ちますが、それに似ていますね。

f:id:kawabatamasami:20190423073530j:plain

我が家の柴犬ポチは1回目のワクチンから約1ヶ月後、生後約4ヶ月目に2回目のワクチンを摂取しました。

内容は1回目と同じくキャニバック9という混合ワクチンです。

2回目のワクチン摂取はこれまでとの柴犬との生活をガラリと変えてくれます。ワクチン後約2週間ほどたてば散歩できるようになりますからね

2回目のワクチンの費用

2回目のワクチンも1回目と同じく料金は5000円ほどでした。

 

狂犬病予防接種

f:id:kawabatamasami:20190423075301j:plain

2回目のワクチンからさらに1ヶ月後の生後約5ヶ月目に、はじめての狂犬病の予防接種となりました。

飼い主には毎年この狂犬病予防接種を愛犬に受けさせる義務があります。

どんな感じなのかなーと思っていたのですが、注射でサクッと終わったのであっけなかったです。笑

f:id:kawabatamasami:20190423073946j:plain

摂取が終わると写真のような証明書のフダをもらえました。

またこの日同時に役所への犬の登録も動物病院がすませてくれました。犬を飼うと役所への登録が必要になります。

www.how-to-camp.com

くわしくはこちらの記事にまとめていますので、ご覧になられてください。

狂犬病予防接種の費用

料金は3千円(税別)でした。

 

フィラリア予防

蚊が出始めるとフィラリアの予防がはじまります。フィラリアの予防は注射と錠剤の2種類がありますが、注射は成犬にならないと受けられません

f:id:kawabatamasami:20190423080150j:plain

5月から12月まで、毎月決まった日に与えます。

フィラリア予防の費用

1回あたりの錠剤が2000円しますので、計8回分で16000円です。けっこうしますよね。。

www.how-to-camp.com

フィラリアの予防についてはこの記事で詳しくまとめていますので、良かったらどうぞ

 

去勢手術

f:id:kawabatamasami:20190423081354j:plain

我が家の柴犬ポチは、生後約7ヶ月目に去勢手術をしました。

去勢手術はかならずしもやらなければならない手術ではありませんが、獣医さんに相談したところ、やはり去勢手術はやっておいたほうが良いとのことで実行しました。

去勢手術をすると

・問題行動が減る

・性格が落ちつく

・子供を作らない

などの効果が期待できますが、やはり一番のメリットは

・前立腺の病気

・精巣の病気

の予防ができるという点でしょう。

去勢手術については賛否病論ありますが、やはり信頼できる獣医さんと相談して決めるのが良いです。

手術自体は1日で終わりますし、その日のうちに自宅に連れて帰れます。

www.how-to-camp.com

去勢手術の詳しい内容はこの記事でまとめていますので、良かったら合わせて読んでみてください。

去勢手術の費用

痛み止めの薬と合わせて21,810円でした。柴犬の睾丸が降りてきていないなどの理由がある場合には、もう少し料金が高くなります。

 

まとめ

以上が柴犬が生後1年目に受けるワクチンの種類と、予防接種のスケジュールになります。

各ワクチン・予防接種・手術の費用は動物病院によって変わってきますし、ワンちゃんの状態によっても左右されるかと思います。

これから柴犬を飼われる方、飼い始めた方は良かったら参考にされてみてください。